創視点「Mats経営計画」

『世の中に 経営計画 数あれど 資金から始める ものぞ無し』
 
利益は可能性であり、資金は限定性です。
 
企業経営は、限定された中で可能性を見つけるものです。
 
資金を確保する為に、為すべきことは限定されています。
 
限定されていることが出来ない場合は、企業は「死」に直面します。
 
指示どおりにするだけでは、指示する人が去った後はどうしますか?
 
傀儡経営者では、熾烈な企業運営はできません。
 
経営者が理解したうえで決定しなければ、企業は変われません。
 
双申㈱のMatsは、限定の中での、僅かな可能性でも見つけることができます。
 
今までと全く異なる手法なので、経営者が理解するには、発想を変えていただくほかありません。

関連記事

  1. 実践経営 Mats2019 1.

  2. 創視点「ツインコンビネーション読後感想文」

  3. 嶋崎喜一のビデオ経営講座13.「複素数で分る創造の仕組み」

  4. 美穂子の聞き耳頭巾4.「一人旅」

  5. 創視点「専門性と汎用性」

  6. 創視点「やることの重要性」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。