創視点「三つの世界観」

「世の中とは・・」と語る時、その人の世界観が表われます。
 
ゲーム的に言えば、その世界観は三つです。
 
※ Σ(サム シグマ)とは、ゲーム参加者全員の総和です。
 
1.総和がマイナスになる、マイサム(Σ-)ゲーム。
 
支配志向者が仕掛ける戦争は、参加者全員得られるものが何も無い悲惨な状態を創り出します。
 
2.総和がゼロになる、ゼロサム(Σ-)ゲーム。
 
参加者全員の総和がゼロなので、スタート地点がゴールであり、何の進歩もありません。
 
「ゲーム理論」のフォン・ノイマンは、経営はゼロサムゲームと定義を誤りました。
 
資産運用で利益を出すやり方はギャンブルであり、本来の経営とは方向違いです。
 
3.総和がプラスになる、プラサム(Σ+)ゲーム。
 
参加者全員(作る人、売る人、買う人、使う人)の総和がプラスなので、全体が進歩・発展します。
 
経営や人生は、プラサムゲームでのみ語れるものです。 

関連記事

  1. 創視点「経営資質」

  2. 創視点「時間」

  3. 創視点「暗黙知の炎」

  4. 創視点「能力」

  5. 創視点「やることの重要性」

  6. 創視点「対(つい)存在」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。