創視点「後継者への想い」

創業経営者は、行動力と決断力で、過去多くの苦難を乗り越えてきました。
 
ピンチの時の決断は、誰も分かってもらえない、孤独と苦悩の中で行なわれます。
 
誰も相談出来る人もなく、未知に向かう決断と行動を繰り返してきました。
 
この繰り返しこそが企業の運命を決める、そのことを後継者に伝えたいのです。
 
企業の運命を左右する程でなくとも、危険を伴う意思決定を後継者にやらせて、決定の重要さを教えるべきであったかもしれません。
 
しかし、絶えず厳しい現実に対応し続けている創業経営者に、それをしなかったと責めるのは酷です。
 
創業者が伝えたかった未知に向かう決断と行動を、僅か数時間で体験可能になるなら、あなたはどうしますか?
 
それを現実にしたのが、双申㈱の「TG-C(トータルゲーム上級)」という、多次元感覚のゲームです。

実際のプレイを観察していれば、何がしたいのか、何処へ向かうのか、何が必要なのかが分かります。現実に起こりうる心理的シミュレーションゲームなのですから。
 

関連記事

  1. 創視点「知性の計数表Mat」

  2. 創視点「知識奴隷の終焉」

  3. 創視点「内在する経営」

  4. 創視点「未来を見たいなら」

  5. 創視点「経営計画」

  6. 嶋崎喜一のビデオ経営講座53.「屋台屋本舗 Flow & 借入 & 売掛  損益Mat 資金Mat」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。