創視点「対(つい)存在」


若い女性から、仕事と子育てについてのアドバイスを求められました。

二つが、軌道に乗りかけた途端に崩れ始めたということです。

何が原因で、どう対処したらいいかという相談です。

手の届くところ、彼女が語る言葉の中に答えはありました。

舞台での「キャスト(配役)」と「スタッフ(担当)」の説明で、納得してくれました。

いまはどちらの立場かが分れば、悩みは自然に消滅します。

二つは、対立するものでも、比較するものでも、競うものでもありません。

片方が無いと、もう片方も成立しえない間柄です。

これを対存在といいます。

関連記事

  1. 美穂子の聞き耳頭巾8.「タコ焼き屋さん」

  2. 創視点「こころの鍵 登山編」

  3. 嶋崎喜一のビデオ経営講座38.「調和MatⅣ」

  4. 嶋崎喜一のビデオ経営講座20.「屋台屋本舗 F&S 会計」

  5. 嶋崎喜一のビデオ経営講座13.「複素数で分る創造の仕組み」

  6. 創視点「真の経営学」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。